精神のどんな症状にセロクエルは効くのか?適応症状を調べてみました

子供から大人まで、いろいろなことを考えながら生きなければならない時代です。少し前の日本では「多少のことは何も考えなくたって、どうにか生きていくことができる」という時代でしたが、今では将来のことをちゃんと先読みしながら生きていかないとどこかで大きなミスをしてしまう可能性があります。

精神のどんな症状にセロクエルは効くのか?適応症状を調べてみました

大きなストレスの原因になっている

先のことを考えて生きなければならないというのは、大きなストレスの原因になります。少しでも見誤ってしまうと、大きなミスの原因になるだなんてたまったものではありません。日本は俗に「敷かれたレールから一度外れてしまうと、戻ってくることがとても大変」と言われます。

ソース※セロクエル http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

大きなミスを犯して、周りから白い目で見られてしまえば元のレールへ戻ることは至難の業といえるでしょう。

人間はストレスに耐えられるけれど

確かに人間はストレスにそれなりに耐えられるように設計されています。しかし人間のストレスに耐えられる上限値というのは人によって異なるのです。ある人は100のストレスに耐えられたとしても、ある人は30のストレスまでと言うことだってあるでしょう。

ストレス耐性の弱い人を責めるばかりでは意味がありません。また、ストレス耐性が弱いというのであるならばストレス耐性を強くする、あるいはストレスを回避するためのすべを身につけておきましょう。

限度を超えたときにどのように対応すべきなのか

ではもしもストレスの限度を超えてしまったときには、いったいどのように対応すべきなのでしょうか。割といろいろな方法がありますが、ストレスを超えてしまったときには休むべきです。ストレスの原因となる仕事や人間関係から、一定の距離を置くことにより蓄積されたストレスの値が下がっていくのを待ちましょう。

そうしておけば、ストレスの値が限度を超えてしまったとしてもちゃんとストレスの値を下げることができるのです。それまでの間自分はがんばってきたのだと言うことを自分に言い聞かせれば、休むことだってそれほど苦痛になったりストレスになったりすることはありません。

目にすることが多くなってきた「セロクエル」について

ここ最近「セロクエル」というお薬が売られていることを見かけます。その名の通り精神にまつわる病気に関して効果を発揮するお薬ですが、風邪薬や鼻炎薬のように誰でも効果を現す症状を知っているというわけではありませんね。結構難しいここのところは、いったいどうなっているのでしょうか。

対応できる症状がわからないと購入する気になれないぞ

セロクエルがインターネットで購入できる時代になりましたが、対応できる症状がわからないと購入するべきかどうか迷ってしまいます。果たしてどのような症状に対応しているのかわからないと、購入する気にもなりませんからね。

セロクエルの効く症状を調べてみた

今回はセロクエルはいったいどのような症状に効くのであろうかと言うことを調べてみました。病気で悩んでいるときにお薬が症状に効果を現すというのであるならば、早く薬を飲んで会社に復帰したり人間関係を元に戻したりしたいと思うでしょう。

早期に治療を終えて、またあの頃の豊かな生活に戻ることができると言うことを是非ともお考えになってみてください。セロクエルはどのような症状に効くのか、具体的な事例を交えながらあなたがもしかしたら悩んでいるかも知れない症状を、いろいろとご紹介していきたいと思います。

抗精神病薬を飲むと便秘が悪化するような気がします。気のせいでしょうか?抗精神病薬で便秘になる可能性はあります!下剤を使ってもいいかもしれません

抗精神病薬を服用すると便秘が悪化するとのことですが、気のせいではないと思われます。気分が落ち込んだり、めまいがしたり、妄想や幻覚が起こったりといった総合失調性の時に用いられるお薬が、抗精神病薬です。質問者様の症状については分かりかねますが、これらの総合失調症を改善するためにお薬が処方されいると考えられます。

総合性失調症というのは、もともと自律神経のバランスが崩れてしまっている、もしくは崩れやすい症状の状態です。便秘は、心と体とで密接にかかわっていますので、自律神経のバランスが崩れるだけで悪化しやすいもの。総合性失調症を患っているという方に便秘で悩む方が多いのも、それが理由です。

総合性失調帳を治すための薬で自律神経のバランスが崩れるの?と不思議に思われるかもしれませんが、薬が神経バランスを崩して悪化しているわけではありません。薬を服用することで便秘が悪化するのは、大腸の動きが悪くなるからです。ストレスを抱えやすい人や腸が弱っている人の場合には、腸が活発に働き過ぎたせいで便秘になるケースもあります。

抗精神病薬を飲むと便秘が悪化するような気がします。気のせいでしょうか?抗精神病薬で便秘になる可能性はあります!下剤を使ってもいいかもしれません

便秘が出るのは、抗精神病薬を飲んだ時に見られる副作用の1つだと考えてください。とはいえ、便秘が続くのは辛いですよね。便秘が辛くて抗精神病薬を勝手にやめてしまうことのないように、担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか。抗精神病薬を服用していても使用できる下剤はたくさんあります。

ただ、市販のものは素人が使っても便が出るようにかなり刺激の強い処方になっていますので常用はおすすめできません。常用しているとメラノーマというシミのようなものが台帳にできてしまう危険性があります。大腸に刺激が少ないタイプもしくは、漢方薬をメインに使うのがおすすめです。

即効性はないものの、数日間飲みつづけていくうちに自然な排便が期待できますよ。便秘薬は種類が多くて自分で選ぶのは難しいと思いますので、担当の医師もしくは薬局の薬剤師さんに聞いてみてもいいかもしれません。