うつ病治療で使用するセロクエルなどの抗精神病薬の効果と副作用について教えて下さい!抗精神病薬の効果と副作用とはどんなものか

うつ病の治療で使われる抗精神病薬は統合失調症の治療で使用されます。統合失調症には幻覚を見たり、支離滅裂な思考や返答をしたりする陽性症状と集中力の低下や意欲・感情の鈍麻や低下が見られる陰性症状があります。脳内の神経伝達物質には快感を感じると分泌されるドーパミンという物質がありますが、統合失調症になっている人はこのドーパミンの活動に何らかの異常が起きていることが多く、抗精神病薬はこのドーパミンの病的な状態を抑制することを目的に投与されます。

抗精神病薬は少し古い型の定型抗精神病薬と時期的に新しく製作された非定型抗精神病薬の2種類があります。定型抗精神病薬はいわゆる第一世代、それ以降に開発された薬物群が非定型抗精神病薬で現在はこちらが主流となっています。定型抗精神病薬は陰性症状に対しての効果はあまり期待できませんが、現在主流の抗精神病薬には陰性症状にみられる意欲や気力の低下といった統合失調症で出現しやすい症状にに対して効果があります。

現在の抗精神病薬は各うつ病で原因となっている脳内の箇所によりピンポイントで作用するように作られているので高い治療効果が期待できるとともに必要以上の副作用を抑えやすくなっているのが特徴です。しかし、薬の作用は完全にターゲットの箇所だけに効くわけではなく、他の神経系にもある程度の影響を及ぼすため副作用に関してはまったくなくなるわけではなく、眠気が強くなったりめまいがする、血糖値が高くなる、便秘になるやすくなる、体重が増える、不整脈になりやすくなる、性機能が減退するといった症状が副作用として報告されています。

新しい時期に製造された薬であればあるほどターゲット以外の神経系に対するダメージは抑えられていて副作用も小さくなるとされていますが、薬の投与量やその期間、また個人個人によって薬の効果が個人差があるため、もしも体質に合わずに重度の悪影響が出る場合はその使用に関して注意しなければなりません。